キャッシングと在籍確認はセット

基本的にキャッシングを申し込むと必ず審査が行われ、審査に通って初めてキャッシングをすることが可能です。そして審査には大別して個人信用情報の確認と、属性審査とがあります。

 

個人信用情報とかこれまでもしくは現在のカードローンやクレジットカードの使用暦を確認するものでこれに通った場合は属性審査へと進めます。

 

そしてその属性の中のひとつが勤務先で、申し込み書類に記載されている会社にきちんと勤めているかを確認するのがキャッシングの在籍確認となります。中には収入証明の書類を提出するだけのケースもありますが、大抵の金融会社は電話で在籍確認を行います。

 

在籍確認の際には消費者金融は絶対に会社名を出さずに個人名で電話をしてくるので、在籍確認の電話によって消費者金融を利用していること、借金の申し込みをしていることがバレることはないので安心してください。

 

大手消費者金融などはアイフルが場合によっては在籍確認を省略することが可能ですが、それ以外は基本的にはあると思っておいた方が無難です。

こんな場合は審査に落ちることも

在籍確認とは、キャッシングに申し込みをした人が、申告している会社にきちんと勤務しているかを電話で確認するもので、自己申告だけでは何とでも書くことが出来るので審査の手順としては必ず確認を行います。

 

大半のケースでは金融会社のスタッフが勤務先に電話をしてその人が会社に実在するかと調べるのですが、外出中の場合でも他の社員の人が「只今外出中です」と対応したら、在籍していると判断されます。

 

本人が電話に出た場合は本人確認で住所や生年月日などを尋ねられる場合があります。在籍確認で審査が通らないケースというのは在籍が確認できなかった場合です。在籍確認というのはその会社に勤めているのかどうかを調べるだけなので、在籍確認で落ちるというのは在籍が確認できなかったケースだけだと言えます。

 

つまり電話に本人が出ずに、電話に出た人に確認してもそんな社員はいないと言われた場合、もしくは頻繁に電話がかかってくるような部署ではい場合は有無を確認されても個人情報の保護のために回答できないなど言われてしまえば在籍確認で審査をはねられることになりかねません。

 

そんな場合は事前に何か別の理由をつけて電話がかかってくる旨を伝えておくようにしましょう。