横浜銀行カードローンの審査や申込み方法

横浜銀行カードローン

 

横浜銀行のカードローンには他の銀行のカードローンに付いているようなユニークな名称はなく、そのまま”横浜銀行カードローン”と呼ばれています。

 

このカードローンを利用できるのは、満20歳〜69歳の定期的な収入のある人です。更に、神奈川県か東京都の全域、もしくは群馬県の指定されている一部の地域に住んでいる、または勤務している必要があります。

 

専業主婦や年金収入だけの人でも利用することができますが、学生は20歳以上の場合で利用の対象外となっています。

 

そして、このカードローンは専業主婦にとても利用しやすいのが特徴の1つだと言えます。

 

自身には収入のない専業主婦がカードローンを利用する場合、原則的に夫の収入を元に契約を行うことになりますが、この際には夫の同意書が必要だったり、夫との婚姻関係を証明する為に住民票や戸籍抄本などの書類が必要なることがほとんどです。

 

ですが、この横浜銀行カードローンではそれらが一切不要で契約を行うことができます。よって、夫にナイショで利用しやすいという面があります。

 

横浜銀行カードローンの限度額

利用できる金額は最低10万円〜最高1000万円までの限度額制です。この限度額は申込み時の希望を元に10万円単位で設定されます。

 

この限度額によって、年利1.9〜14.6%の範囲で金利が決まります。

 

この金利は段階制になっており、100万円までの限度額の場合は一律で14.6%ですが、110万円以上で200万円までになると11.6%に下がり、210万円以上で300万円までの場合は8.8%という具合に限度額が上がるに連れて下がっていく仕組みで、1000万円の場合のみ最低の1.9%になります。

 

横浜銀行カードローンの申し込み方法は

横浜銀行カードローンに申込みを行う方法は3つあります。

 

1つは郵送で、もう1つはFAXによって申込み書類を送付する方法です。これらの方法では共に横浜銀行カードローンの専用ページから申込み書類のPDFファイルをダウンロードし、印刷して利用してください。

 

本店や支店の店舗まで行くことができれば、店頭で入手できる申込み書類を利用しても構いません。

 

この書類の送付時には、身分証明書として運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバー個人カードのどれかのコピーを添付します。マイナンバー個人カードは表面のみ、その他を利用する時には写真と住所の記載のある面を全てコピーしてください。

 

3つ目の申込み方法はインターネットからの申込みになりますが、これを利用するには横浜銀行に口座を持っている必要があります。

 

この方法の場合のみ、身分証明書は必要になりません。口座の開設時に既に身分証明が終わっているので、ネット上のフォームへの入力だけで簡単に申込みが行えます。

 

310万円以上の融資に必要なもの

申込み方法を問わず、310万円以上の希望金額の申込みになる場合には収入証明書も必要になります。

 

これには源泉徴収票、確定申告書の写し、住民税決定通知書、納税証明書のどれかを用意してください。

 

申込み後の審査に合格すると、キャッシング用のカードが送付されます。これをもって正式な契約となり、以降は横浜銀行や各種の提携先のATMより借り入れを行えるようになります。

 

インターネットからの申し込みに限り、審査の合格と同時に横浜銀行の口座まで振り込みで借り入れを行うことも可能です。

 

返済は毎月の10日に指定した銀行口座からの自動引き落としで行います。

 

ここで指定する銀行は横浜銀行以外でも構いません。この毎月の返済以外にも、ATMを利用した随時返済が行えます。

 

インターネットの利用や印刷が行えない人は、電話から申込み手続きを行うことができます。この場合は申込み書類を郵送してもらえるので、それに記入をして郵送、もしくはFAXで返送してください。

 

尚、ここで郵送される書類、ダウンロードする書類、店頭で入手できる書類は全て同一のものです。どれをどの申込みに利用しても構いません。

 

横浜銀行とは

横浜銀行は全国の地方銀行の中でもナンバー1の存在で、国内だけでなく、海外にも支店を構えているほどの規模を誇っています。総資産は15兆円以上で、あの新生銀行を上回っているほどです。

 

その規模から提携先も多く、10を超える地方銀行の他のに、セブンイレブン、ローソン、E-netの各コンビニのATMが利用できるので、利便性は抜群だと言うことができます。
かつては子会社を設立して横浜銀行ブランドのクレジットカードの発行も行っていましたが、現在ではその業務はJCBに全て移管され、信販事業からは撤退しました。

 

同じく横浜を拠点とするプロ野球の横浜DeNAベイスターズとはイベントに協賛する関係で、共に横浜を盛り上げる為の活動を行っています。
また、サッカーでは横浜F・マリノスのスポンサーにこそなっていませんが、同じ神奈川県の川崎フロンターレのサポートを行っており、スポーツに力を入れている面もあるようです。

 

横浜銀行カードローンの仕様

融資可能額 10万円〜1,000万円
借入利率 年1.9%〜14.6%
対象 契約時の年齢が満20歳以上満69歳未満の方、安定継続した収入のある方、居住地が神奈川県か東京都の全域、群馬県の指定一部地域にある方/td>
遅延利率 14.6%
返済日 毎月10日
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポート・各種資格証など
担保・保証人 不要