そもそも総量規制とは

 

総量規制とは、貸金業法が定める一種の法律であり、収入に見合わない無謀な借入を防ぐのに対策する為に発布されました。

 

総量規制は、主に個人への貸付が対象になり、貸金業である消費者金融や信販カードでの借入可能な金額を年収3分の1までに制限するもので、たとえば年収300万円の人の場合は100万円までしか貸付を行ってはならないという仕組みです。

 

ちなみに総量規制の指す年収は、純粋な給与や年金などの収入のみに限られ、パチスロや宝くじで得た臨時収入は含まない規則になっています。

 

そして総量規制における年収の3分の1の借入というのは、1社のみではなく、全ての賃金業者から借入している総合計額の事を示しています。ですから、既に複数の貸金業者で何件も借入している場合は、特に気を付けないといけません。

 

ちなみに総量規制は、貸金業ではない銀行はこの規制の適用外になるので、年収3分の1を超えた借入が可能です。

 

又、住宅ローンも大抵が銀行での融資になるので、長期的な返済が必須な特質上、年収を大幅に超える借入でも受付けています。

 

総量規制のメリットは

考え事をする男性

 

総量規制は貸金業法が特別に定める規制なので、同カテゴリーに属する消費者金融又は信販会社でのキャッシングしか適用されません。

 

いわゆる銀行や信用金庫などは貸金業者には該当しないので、総量規制に関係なく年収3分の1を上回った借入が可能です。

 

また、顧客に一方的に有利になる借り換えに対しても、総量規制の範囲外になるのは大きな特徴です。

 

既に消費者金融のカードで年収3分の1ギリギリまで借入していても、銀行や信用金庫のおまとめ専用ローンに借金を1本化する事で、低金利の恩恵にも預かれ、融資枠も余裕を持って確保できます。

 

更に総量規制の影響でお金が借りれない収入ゼロ円の専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば銀行カードローンの利用は可能になり、融資枠も最高30万円までの設定ができるようになります。

 

そして銀行カードローンは、消費者金融よりも審査や融資所要時間は長めですが、上限金利が高くて15%前後の所が多いので、少額の借入でも負担になりにくいのもメリットです。