荘内銀行カードローンについて

荘内銀行カードローン

 

荘内銀行の”カードローンWeb”は申込みに来店が不要で、ほとんどの契約手続きをネットだけで済ませることができるのが特徴です。

 

地方銀行が提供するカードローンでは、契約には一度本店やどこかの支店まで行く必要があることも多いですが、この荘内銀行のカードローンでは来店する必要がないため、全国どこに住んでいる人でも申込みが行えます。

 

このカードローンを利用できるのは、満20歳〜69歳までの安定した定期的な収入のある人です。アルバイトやパートによる収入でも大丈夫ですが、学生は対象外になっています。

 

利用中に満70歳の誕生日を迎えた場合、その翌月以降は追加の借り入れは行えなくなり、後は返済のみの利用となります。

 

荘内銀行カードローン公式サイトへ

 

限度額と金利は

利用限度額は最低が10万円、最高が500万円までの範囲でいくつかのコースに分かれています。これは主に申込み時の希望によって個々に設定されますが、必ずしも希望に近くなるとは限りません。

 

また、年金が収入の場合は20万円、アルバイトやパート、及び自身には収入のない専業主婦の場合は50万円が上限です。

 

金利は年利3.5〜14.6%で、設定された限度額のコースによって決まっています。

 

限度額が20万円以下の場合は最高の14.6%で、30万円以上で50万円以下の場合は11.8%で、70万円の場合は9.8%となり、100万円以上で150万円以下の場合は7.8%、200万円と250万円の場合は5.8%で、それを超えると最低の3.5%になります。

 

申し込み方法から審査、借り入れまで

このカードローンへの申込みは、荘内銀行のホームページ内にあるカードローンWebの専用ページから行います。

 

流れとしては、契約に必要な情報をWEB上のフォームに入力していき、最後にその情報を送信すると、その後に確かに申込みを行ったかどうかの確認の電話があります。

 

この電話があるため、厳密にはWEB完結とは呼べませんが、これ以外はほぼ大手の消費者金融の行っているWEB完結方式による申込みと変わらないと考えてください。

 

この電話の後、原則的に2営業日以降に審査結果がメールで送信されてくるので、合格していた場合は身分証明書を写真に撮って、そのファイルを専用のページから送信します。

 

契約に必要になる書類はこの身分証明書だけで、希望金額に関わらず、収入証明書が必要になることはありません。

 

これで契約手続きは完了となり、ここから1週間から10日程度でキャッシングカードが送付されます。これを受け取って、初めてキャッシングが行えるようになるという流れです。

 

返済は1ヶ月間の猶予がある方式で、先月末時点での借り入れ残高による最低返済額以上を、当月の5日から翌月の5日までの間にカードを利用して入金してください。

 

この最低返済額は6段階に分かれており、借り入れ残高が20万円以下の場合は5千円、それを越えて50万円以下の場合は1万円で、50万円を越えて70万円以下の場合は1万5千円、70万円を越えて150万円以下の場合は2万円、150万円を越えて250万円以下の場合は3万円となり、それより上の場合は4万円です。

 

また、口座からの引き落としでの返済は行えないこともあり、この荘内銀行カードローンを利用するために同銀行の口座が必要になることはありません。

 

即日融資はできません

申込みこそ、ほぼWEBだけで完結する大手の消費者金融並の仕組みになっていますが、審査に最低でも2営業日は掛かることと、借り入れを行うために必要なキャッシングカードの到着までにはそこから更に1週間以上掛かるので、急ぎで利用したい場合には向いていないカードローンです。

 

ですが、借り入れ金額が30万円から金利が下がって年利11.8%になり、70万円になると10%を切って9.8%になる点は、銀行のカードローンの中でも低金利な方だと言えます。

 

消費者金融では100万円未満の借り入れに対してはほぼ18%になることを考えると、比較的少額の借り入れ時にはかなり低金利なカードローンだと言ってもいいかも知れません。

 

申込みから利用できるようになるまでに日数こそ掛かりますが、この金利の低さから、特に長く利用しようと考えている場合にはおすすめできるカードローンです。

 

荘内銀行とは

荘内銀行は山形県鶴岡市に本店を構える地方銀行で、本店や支店、出張所を含めて全部で86店舗を展開しています。

 

前身は戦前の第六十七国立銀行で、いくつかの銀行と合併を行い1941年に荘内銀行となった後、更に旧第一勧業銀行の支店などを吸収し、現在に至っています。

 

北都銀行、イオン銀行、みちのく銀行とはATMの手数料無料での相互利用を行っており、そのうちの北都銀行とは資本提携、及び業務提携も行っています。

 

本店のある山形県内での営業がメインですが、秋田県や宮城県、福島県にも支店があり、東京都ではイオンモール内にブランチ店舗を展開しており、ここは土日や祝日でも営業を行っているのが特徴となっています。

 

荘内銀行カードローン公式サイトへ

 

荘内銀行カードローンの仕様

融資可能額 10万円〜500万円
借入利率 年3.5%〜14.6%
対象 申し込み時の年齢満20歳以上70歳未満の個人 主婦やパート・アルバイト・年金受給者も可能(学生は不可)
遅延利率 年14.6%
返済期間・返済金額 毎月5日(土・日・祝日の場合は翌営業日)借入残高に応じて返済額は変動
必要書類 運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれか
担保・保証人 不要