レイクのカードローン特長について

レイク

 

レイクは以前は同名の大手消費者金融でしたが、新生銀行にその貸金業務が移管され、現在では同銀行のカードローンの名称になっています。このため、レイクは消費者金融ではなく、銀行のカードローンです。

 

その移管の際には消費者金融時代からの顧客と共に、全国各地の自動契約機もそのまま引き継いだため、現在のレイクは銀行のカードローンでありながら消費者金融並の利便性があり、とても人気になっています。

 

このレイクに申込みを行えるのは、満20歳〜70歳までの定期的な収入がある人です。

 

一般的な銀行のカードローンでは専業主婦でも夫の収入を元に借り入れが行えますが、このレイクを利用するには本人に収入があることが条件となっており、自身が無収入の場合は利用することはできません。

 

また、学生でも収入があれば利用することができる点など、申込み条件は銀行のカードローンと言うより、消費者金融に近いと考えた方がいいでしょう。
レイクから融資を受けられる金額は、最高500万円までです。最低1万円からとなっていますが、限度額としては10万円が最低になるので、少なくともこの10万円の審査に合格できないとレイクを利用することはできません。

 

金利は年利4.5〜18%で、限度額によって変わります。銀行のカードローンとして考えると、最高で18%の金利はかなり高い水準だと言えますが、これは消費者金融時代から変わっていないためです。

 

新生銀行のカードローンとなった後に契約をした人と、それまでに契約をしていた人で条件が違うという訳にもいかないので、現在でも消費者金融並の金利になっているという訳です。

 

この金利の面や、申込み条件、また全国に700台を超える自動契約機を設置しているといった点などから考えると、レイクは銀行のカードローンではなく、実質的には消費者金融だと言ってもいいかも知れません。

 

よって、レイクは銀行のカードローンのメリットの1つである、消費者金融より金利が低いという面は忘れて利用した方がいいでしょう。

 

レイクの申込方法は?

レイクに申込みを行う方法は、パソコンやスマホ、携帯電話を利用してネットから行う方法と、自動契約機から行う方法、そして電話で行う方法があります。

 

ネットや電話を利用した申込みでは平日であれば、即日振込での融資を受けることもできます。この場合には2時45分までに審査に合格することが条件です。

 

自動契約機から申込んだ場合は、審査に合格するとその場でキャッシングカードが発行されます。

 

また、ネットや電話からの申込みの場合も、審査に合格したという連絡を受けた後で自動契約機を利用すると、すぐにカードの発行を行えます。カードが手に入れば、後はそれを使っていつでもキャッシングを行えます。

 

レイクのカードは新生銀行はもちろん、ゆうちょ銀行やイオン銀行、更に各種のコンビニのATMで利用できます。

 

返済はそのカードを使ってATMから行う方法の他に、口座からの自動引き落とし、またはレイクの口座まで振込で行う方法があります。この引き落とし口座は新生銀行以外でも構いません。また、口座への振込はネットバンキングから行うこともできます。

 

返済日は最初に自分で指定することができるので、給料日などに合わせて好きな日を選んでください。

 

特徴的な2つの無利息サービス

消費者金融時代も合わせて、レイクを始めて利用する人は、最初に無利息サービスを受けることができます。

 

このレイクの無利息サービスは独特で、限度額が200万円以下の場合に限り、5万円までの借り入れであれば、契約日から180日間も無利息になります。

 

これを超える金額を借りた場合や、限度額が200万円を超える場合でも、30日間の無利息サービスを受けられます。

 

180日も無利息になることから、5万円以下を借りたい場合はこのレイクがとてもおすすめなのは言うまでもありません。

 

そして、通常のキャッシング契約の他に、女性専用のレディースレイクという契約を行うこともできますが、審査や利用条件などは全て通常の契約と同様になります。

 

無利息期間についても同様で、違う点は女性専用ダイヤルが用意されているくらいなので、無理にこちらを利用する必要はないでしょう。

 

レイクの概要

2011年の10月より、レイクは消費者金融から新生銀行のカードローンの名称となりました。

 

銀行のカードローンになったため、これ以降の借り入れは総量規制の適用を受けません。レイクは現在でも利用条件や金利を見ると消費者金融のようですが、ここが一番の違いだと言うことができます。

 

しかし、この総量規制が適用されないからと高額の借り入れを行ってしまうと、返済が苦しくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

言わば消費者金融と銀行のカードローンのいい部分を併せ持っているとも言えるレイクですが、利用する際にはきちんと返済ができる金額までの借り入れに留めておくことが一番大事になります。

 

レイクのカードローンの仕様

融資可能額 1万円〜500万円
借入利率 4.5%〜18.0%
対象 満20歳〜70歳(国内居住の方)
遅延利率 20.0%
返済日 自由に設定可能
必要書類 運転免許証等、収入証明(契約額に応じて必要とする場合)
担保・保証人 不要