日本初のAIスコア・レンディング!J.Score(ジェイスコア)のサービス解説

J.Score(ジェイスコア)の公式ページ画像

 

日本初の「AIスコア・レンディング」を提供している、J.Score(ジェイスコア)。

 

いくつかの質問に答えるだけの簡単なステップで、独自のAIがあなたの情報を精査し、どれくらいの融資ができるかを判断する新しいシステムですね。

 

金利も最大で年12.0%と格段に低金利なのでめちゃくちゃ魅力的。

 

このページでは、日本初のAIによる個人向け消費性融資サービス「AIスコア・レンディング」について、わかりやすく解説していきます。

 

AIスコア・レンディングはあなたの可能性を数値化

J.Score(ジェイスコア)の公式ページ画像

 

カードローンやキャッシングの審査ってブラックボックスな面が多く、どうして通過したのか、しなかったのかの理由はわからないですよね。

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングはいくつかの設問に答えるだけであなたの可能性を数値化。その点数によって融資の可否や融資額、実質年率などの目安が提示されます。

 

ですので完全ではないにしても、従来の審査よりはかなり透明性が高くなっているんですね。

 

さらに今後の可能性によって有利にも

AIスコア・レンディングがすごいのは、きめ細かく分けられた質問項目の答えによって、AIスコアが好転する可能性があること。

 

従来のカードローンは過去にいくら借りたかとか、ブラックかどうかなど、主に現在までの情報(実績)によって審査の状況や融資の可否が決まります。

 

AIスコア・レンディングの場合、現時点で借入申込基準ギリギリだったとしても、今後の生活状況によってはスコアアップにより好条件で融資を受けられるケースもあります。

 

しかもただでさえ低い12.0%という実質年率も、AIスコア次第でさらに下げることもできるのでいいことずくめです。

 

AIスコア・レンディングを試しにやってみた

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング手順1

 

では実際にアカウント作成をやってみます。まずはメールアドレスとパスワード(英語大文字小文字、数字をまぜて8文字以上)を入力します。

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング手順2

 

注意事項に同意します。

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング手順3

 

先ほど入力したメールアドレスに認証番号が書かれたメールが送信されますので、メール内のリンクをクリックして認証番号を入力します。

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング手順4

 

ログイン画面が開きますので、メールアドレスとパスワードを入力してログイン。

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング手順5

 

チャット風の画面でAIスコア診断が始まります。まずニックネームを入力し、生年月日などを聞かれるのでそのまま答えていきます。

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング手順6

 

仕事についても業種やおよその年収を聞かれるので正直に答えます。

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング手順7

 

最後に現時点でのAIスコアが表示されます。ちなみにAIスコアが600点以上ないと融資申込をすることができません。改善せねば・・・

 

みずほ銀行と情報連携することでさらに特典が

J.Score(ジェイスコア)の公式ページ画像

 

J.Score(ジェイスコア)はみずほ銀行とソフトバンクにより設立された会社です。いうまでもなくどちらも超大手企業なので、そういう意味では安心感がありますね。

 

さらに、AIスコアを取得後みずほ銀行との情報連携に同意すれば、手数料関連で以下の特典を受けられます。

 

もしみずほ銀行に口座を持っていたり、利用する機会があるなら魅力的ですね。

 

みずほ銀行との情報連携特典

●みずほ銀行ATM、イオン銀行ATMの時間外利用時の手数料が0円に
●コンビニATM(イーネット、ローソン、セブン銀行)の利用手数料、時間外手数料が月4回まで0円
●みずほ銀行ATM、イオン銀行ATM、みずほダイレクト利用時のみずほ銀行本支店あての振込手数料が0円

 

AIスコア・レンディングの仕様

契約極度額 10万円〜1,000万円
実質年率 0.8%〜12.0%
対象 満20歳以上満70歳まで
遅延損害金(実質年率) 12.0%
返済日 ご自身で指定した日(ただし口座振替利用時は毎月26日)
必要書類 運転免許証、もしくは本人確認書類(健康保険証、パスポート、個人番号カード(マイナンバーカード))、在留カード、特別永住者証明書のいずれか)※収入証明書類の提出が必要な場合もあります。
担保・保証人 不要