大東銀行カードローン「スマイルポケット」を斬る!

大東銀行カードローン「スマイルポケット」

 

福島県の郡山市に本店を構える大東銀行では、”スマイルポケット”という名前のカードローンを提供しています。

 

このカードローンの特徴として、保証会社が2社あるという点が挙げられます。

 

消費者金融や信販会社とは違い、銀行のカードローンには必ず保証会社が付いています。この保証会社とは、万が一契約者からの返済が滞った時に、代わりにその返済を行う保証人のような存在です。

 

本来銀行は担保や保証人のない融資は行いませんが、この保証会社を付けることで無担保融資になるカードローンを提供することができています。

 

このカードローンでは保証会社が2社あることで、そのどちらかの審査に合格できれば契約が行えます。銀行のカードローンの審査は実質的にはその保証会社が行っているためです。

 

大東銀行のカードローンの保証会社は、同銀行の系列会社の大東クレジットサービスという信販会社と、消費者金融のプロミスでお馴染みのSMBCコンシューマーファイナンスの2社となっています。

 

大東銀行カードローン公式サイト

 

保証会社によっての違い

大東銀行カードローン「スマイルポケット」は、合格した保証会社によってカードローンの契約内容が多少変わります。

 

大東クレジットサービスの場合、満20歳〜65歳で定期的な収入のある人が利用対象です。

 

SMBCコンシューマーファイナンスの場合は利用できる年齢が満20歳〜70歳となり、共にアルバイトや年金受給者、及び自身には収入のない専業主婦でも申し込みが可能で、専業主婦の場合は配偶者側に定期的な収入があることが条件になります。

 

学生はアルバイトなどで収入があっても、このカードローンを利用することはできません。

 

系列会社ということから、大東クレジットサービスの方が優先されますが、その審査に通らなかった場合、もしくは66歳以上の申し込みの場合はSMBCコンシューマーファイナンスの審査に回されることになり、そちらに合格できれば契約が行えます。

 

限度額は最低が10万円で、最高は500万円です。申し込み時の希望金額によってこの範囲から実際の限度額が設定されます。

 

金利は限度額によって決められている範囲があり、その中から審査結果によって決まります。

 

100万円までの限度額の場合は年利10〜14%、110〜200万円の場合は7〜14%、210〜300万円の場合は4.5〜10%、310〜400万円の場合は4.5〜7%で、410万円以上になると4.5%になります。

 

尚、この限度額や金利に関して、保証会社による違いは一切ありません。

 

ネットでも電話でも申し込み可能

スマイルポケットへの申し込みは、ネットやFAX、もしくは電話にて行うことができます。

 

電話による申し込みは平日は9〜17時、土日は10〜16時に間に行ってください。祝日には受け付けていません。

 

FAXやネットによる申し込みは24時間いつでも行うことができます。FAXで申し込みを行う場合は専用の申し込み用紙をダウンロードした上で、それに記載して返信してください。

 

ネットはスマホからの申し込みも可能で、専用の申し込みサイトが用意されています。

 

申し込みには運転免許証や各種の健康保険証、またはパスポートなどの身分証明書が必要になります。

 

200万円を超える希望になる場合には、収入証明書も必要です。これには源泉徴収票や納税証明書、課税証明書などが利用できます。

 

審査に合格すると、契約のために一度本店、もしくは支店まで来店する必要があり、ここで同銀行に口座を持っていない場合には、カードローンの契約と共に口座を開設する必要があります。

 

借り入れには契約後に発送されてくるキャッシングカードを利用します。大東銀行のATM、または各種の提携先のATMから行ってください。

 

返済は先ほどの同銀行の口座からの引き落としで行います。返済日は毎月の5日で、その他にキャッシングカードを利用した随時返済も行うことができます。

 

このように、契約のためには少なくとも一度の来店が必要なことから、このカードローンには申し込み地域の制限はありませんが、現実的には福島県や近隣に住んでいないと利用は難しいと言えるかも知れません。

 

事業資金の利用も条件付きで可能

SMBCコンシューマーファイナンスが保証会社になった場合、借り入れをしたお金を事業資金にも利用することができます。

 

最初から事業資金として借り入れを行いたい場合には、申し込み時にその旨を伝えておきましょう。その場合はSMBCコンシューマーファイナンスの審査のみを受けることになります。

 

大東銀行とは

大東銀行は1942年に設立した郡山無尽株式会社がその母体です。

 

その後に相互銀行となり、1989年に現在の大東銀行という名称と共に普通銀行になって、現在に至っています。本店は新幹線の郡山駅のすぐ近くにあり、その他にも主に県内に61の支店を構えています。

 

イオン銀行、及びセブン銀行とはATMの相互利用提携を行っており、セブンイレブンのATMがカードローンにも利用できます。

 

それ以外のコンビニのATMはカードローンを含めて銀行として利用できないので注意してください。

 

大東銀行カードローン公式サイト

 

大東銀行カードローンの仕様

融資可能額 10万円〜500万円
借入利率 年4.5%〜14.0%
対象 申込時、年齢が満20歳以上65歳以下の方(67歳以降の更新停止)、継続して安定した収入のある方/td>
遅延利率 年14.5%
返済日 毎月5日
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポート等
担保・保証人 不要