千葉銀行カードローン「クイックパワーアドバンス」特長まとめ

千葉銀行カードローン

 

千葉銀行ではWEB完結での申込みも行えるクイックパワーアドバンスという名前のカードローンを扱っています。

 

あの小島よしおさんのキャラでもおなじみですね。

 

このカードローン自体は以前から存在していましたが、2015年から上記のようにWEB完結にも対応し、更に利用しやすくなりました。

 

このWEB完結での申込みを行うには千葉銀行の口座と、そのキャッシュカードを所持している必要がありますが、この方法で申込みを行うと、契約手続き全てがネットだけで完結するのでとても便利です。

 

クイックパワーアドバンスで借り入れを行える金額は、最高800万円までです。実際には希望金額によって設定される限度額の範囲での利用となります。

 

金利は年利1.7〜14.8%で、これは限度額によって変わります。限度額が90万円以下の場合は14.8%の最高金利になりますが、それ以上で340万円までの場合は12.0%になり、更にそれを超えて400万円までになると、5.5%まで一気に下がります。

 

それ以降も限度額によって序々に下がっていくシステムで、800万円の場合のみ最低の1.7%になります。

 

使える地域が限られる

このカードローンには利用地域が決められており、千葉県、東京都、埼玉県、茨城県、神奈川県の千葉銀行の営業エリア内に居住していることが条件になります。

 

ネットからの申込みこそ行えますが、全国どこからでも利用できる訳ではないので注意してください。

 

そして、カードローンでは申込み時の希望金額が高額になると、提出書類として収入証明書が必要になることが多いですが、このカードローンではそのようなことはなく、原則的に収入証明書は不要になっています。

 

申し込みから審査の流れ

クイックパワーアドバンスへの申込みは、冒頭のWEB完結の他に、電話やFAX、郵送でも行うことができます。

 

FAXや郵送を利用する場合は千葉銀行の”クイックパワーアドバンス”の紹介ページに申込み用紙が用意されているので、それをダウンロードして印刷を行うか、千葉銀行の店頭に備え付けられているものを利用してください。

 

申込みに必要になる書類は身分証明書だけです。これには運転免許証やパスポート、顔写真付きの住基ネットカードなどが利用できます。

 

ネットを利用して申込む場合、千葉銀行の口座とキャッシュカードを所持していない場合はWEB完結ではない申込みになります。

 

この場合はその後に審査結果の連絡があるので、それに合格した場合に口座を開設してください。この口座の開設はネットからでも可能で、インターネット支店という支店名の口座を開設できます。

 

その他の方法で申込みを行った場合も、同銀行の口座が必須になります。ネットからではなく、直接千葉銀行の本店や支店まで出向いて開設を行っても構いません。

 

契約手続きが完了すると、その場で同銀行の口座まで借り入れを行うことが可能です。キャッシング用のカードは後日自宅まで発送されます。

 

各種方法で借入が可能

契約後はいつでも電話によるテレホンバンキングで千葉銀行の口座まで借り入れを行うことが可能になり、もちろんキャッシングカードを利用してATMからの借り入れも可能です。

 

このATMは千葉銀行だけでなく、各種のコンビニのATMやイオン銀行、ゆうちょ銀行のATMが利用できます。

 

返済は千葉銀行の口座からの自動引き落としで行います。返済日は毎月の1日です。この返済に同銀行の口座が必要となっています。

 

毎月の自動引き落とし以外にも、キャッシングカードを利用してATMからいつでも返済を行うことができますが、その場合は随時返済という扱いになり、毎月の返済とは別の扱いになるので注意してください。

 

90〜200万円での金利が有利

限度額によって金利が変わるのはカードローンではごく普通のことですが、このカードローンでは限度額が90万円を超えて340万円までの間の金利が一律で年利12%になっています。

 

90〜200万円未満の場合は気になりませんが、200〜340万円までの限度額になると、これより金利が低くなるカードローンが多く存在しているので、この範囲での利用はあまりおすすめできません。

 

千葉銀行とは

千葉銀行は千葉県内の多くの市町村の指定金融機関にも指定されている、千葉県を代表する地方銀行です。

 

愛称は”ちばぎん”で、実店舗がほとんど存在しないネットバンク以外の地方銀行では全国で3位の預金額を誇り、その歴史は戦前の1943年から続いています。

 

本店のある千葉県内だけでなく、東京都や茨城県、埼玉県、神奈川県内にもそれぞれ支店を構えており、群馬県と栃木県を除く首都圏全域で営業を行っている点からも、その規模の大きさが伺えます。

 

そして、不定期ではありますが、近年ちばぎんカップという名称の千葉県に本拠地を置くJリーグのチームによるプレシーズンマッチを開催するようになりました。

 

今後はこのようなスポーツのスポンサー活動にもっと力を入れてくるかも知れません。

 

千葉銀行カードローンの仕様

融資可能額 10万円〜800万円
借入利率 年1.7%〜14.8%
対象 契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方、安定継続した収入のある方、居住地が当行本支店の営業地域内にある方/td>
遅延利率 19.8%
返済日 毎月1日
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポート・各種資格証など
担保・保証人 不要